▲みんなでワイワイな勉強会やサークル活動してます▲

あぢま ひたちなか本店さんで「佐伯豚(霜降りハーブ豚)」のとんかつを食べてきた

※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

あぢま ひたちなか本店さんで「佐伯豚(霜降りハーブ豚)」のとんかつを食べてきた レストラン/カフェ

ひたちなか市西光地にあるとんかつ屋さん「あぢま ひたちなか本店」さんに行ってきました。

「あぢま ひたちなか本店」さんでは、茨城県銘柄豚の「ローズポーク」と鉾田市の佐伯畜産の銘柄豚「佐伯豚(霜降りハーブ豚)」を使用したとんかつがあります。

「これがあぢまの伝統の味」と銘打ったローズポークか、「あぢまプレミアムポーク」と位置づけられている佐伯豚か・・・。

500gぐらい体重が減るほど迷ったんですが(笑)、初訪問の今回は「佐伯豚(霜降りハーブ豚)」を使ったとんかつを頂くことにしました。

「とん活」3店舗目は、推薦して下さった方が多かった、ひたちなか市で人気のとんかつ屋さん「あぢま ひたちなか本店」さんをレポートします。

スポンサーリンク

「あぢま ひたちなか本店」さんの「佐伯豚ロースかつ定食」

「あぢま ひたちなか本店」さんの「佐伯豚ロースかつ定食」

これが「あぢま ひたちなか本店」さんの「佐伯豚ロースかつ定食」です。

佐伯豚ロースかつ

お肉は150g。150gと230gから選べます。僕はもう150gで十分なお年頃になりました。

6ピースにカットされています。

そして、あぢまさんでは、左から2ピース目が断面が上になった状態で提供されました。

佐伯豚ロースかつの断面のアップ

では、断面のアップを。

佐伯豚ロースかつの断面のアップをさらにアップ

さらにアップで。ほんのりピンク色の状態ですねー。脂が溢れて出てます。

スポンサーリンク

「あぢま ひたちなか本店」さんの「佐伯豚ヒレかつ定食」

「あぢま ひたちなか本店」さんの「佐伯豚ヒレかつ定食」

今回は佐伯豚のとんかつのメニューに「ヒレ」があったので、妻が「佐伯豚ヒレかつ定食」を注文しました。

佐伯豚ヒレかつ

お肉は150g。ヒレかつもお肉の量は150gと230gから選べます。

5ピースにカットされています。

ロースかつ同様、左から2ピース目が断面が上になった状態で提供されました。

佐伯豚ヒレかつの断面のアップ

では、断面のアップを。

佐伯豚ヒレかつの断面のアップのさらにアップ

さらにアップで。ヒレもお肉がほんのりピンク色です。絶妙な揚げ加減で提供されるんですね。

スポンサーリンク

佐伯豚ロースかつ&ヒレかつを食べた感想

店員さんが「最初の一口は塩で食べてみてくださいね」と言っていたのを思い出し、この2ピース目に塩をかけて頂きました。

なるほど。お肉本来の味を味わうことができる感じです。塩は気持ち多めにつけた方が、脂の旨味とお肉の味がはっきりして良かったです。

ちなみに、僕はとんかつに関しては、塩派でもソース派でもなく、単純においしければそれで派(笑)だから、お店のおすすめがあれば素直にそうして味わいます。

でも、選択肢が増えると悩ましいことも。どのピースをどの味付けで食べるかという問題です。そんな大げさな問題じゃないよね(笑)

で、今回は2ピースを塩、3ピースをソースで頂きました。もう1ピースは妻のヒレカツと交換。

佐伯豚ロースかつ、霜降り=サシにこだわった豚肉というだけあってジューシーな肉質。

衣もサックサクで軽め。この軽さは揚げ油に菜種油を使っているからでしょうか?こんな感じのサクサク感のとんかつは初めてですね。

「もう霜降りのお肉は一切れしか食べられないよ」的な歳ですが、脂が全然しつこくなく最後までおいしく頂けました。

佐伯豚ヒレかつは妻から一切れもらって食べたのですが、きめ細かい肉質でやわらかく、塩がよく合う味という印象でした。

定食の内容(ロース・ヒレ共通)

ごはん(普通盛り)

ごはん(普通盛り)です。

契約農家の長谷川さん夫妻が育てた茨城県産こしひかりです。

ごはん(半分)

こちらは妻が頼んだごはん(半分)です。

ごはんはおかわり自由です。

具だくさん豚汁

お味噌汁は「具だくさん豚汁」を選びました。

写真では具だくさんに見えませんが(笑)、ちゃんと具だくさんでした。

豚汁の具は、大根、にんじん、ごぼう、豚肉。

定食・ランチのお味噌汁は、豆腐とわかめのさっぱり味噌汁、具だくさん豚汁から選ぶことができます。

定食・ランチのお味噌汁は、豆腐とわかめのさっぱり味噌汁、具だくさん豚汁から選ぶことができます。

プラス110円(税込み)で涸沼産のしじみ汁に変更することもできます。

漬物

漬物はきゅうりとにんじんの糠漬けに、大根の醤油漬けでした。

ソース・塩・ドレッシングなど

あぢまひたちなか本店のソース

ソースは「辛口」と「甘口」の2種類用意されています。

辛口はトマトベース、甘口はりんごがベースになっているとのこと。

あぢまひたちなか本店のごま

お好みでゴマを擦ってソースと合わせます。ゴマの香りっていいですよねぇ。

あぢまひたちなか本店のとんかつ塩

そしてこちらがあぢまこだわりの「とんかつ塩」。

「とんかつを100倍美味しくする塩」って書いてありました。

さすがに100倍って書いてあると使ってみたくなりますね(笑)

あぢまひたちなか本店のドレッシングは根こんぶとごまの2種類

キャベツ用にドレッシングが用意されています。「根こんぶ」と「胡麻」の2種類。

僕は根こんぶドレッシングの方で千切りキャベツを頂きました。

千切りキャベツが柔らかくて甘かったのが印象的でした。

キャベツはおかわり自由です。

佐伯豚のとんかつメニュー

僕たちが今回食べた佐伯豚のとんかつメニューです。

あぢま ひたちなか本店さんの他のメニュー

「あぢま ひたちなか本店」さんの他のメニューをご紹介します。

とんあkつあぢまのこだわり

あぢまさんのこだわりです。

茨城県産の豚肉、お米、そして可能な限り地元の野菜を使用しているお店なんですね。

あぢまひたちなか本店の茨城県銘柄豚「ローズポーク」のとんかつメニュー

茨城県銘柄豚「ローズポーク」のとんかつメニューです。

特選ロースかつ定食は120g、150g、230g、350gから選べます。

そして、気になったのが「厚切りロースかつ定食」。次の機会はこれを食べようかな♪

あぢまちたちなか本店のヒレかつのメニュー

ヒレかつのメニュー。

あぢまちたちなか本店の彩りかつのメニュー

ねぎおろしかつ定食や納豆おろしかつ定食もあります。

「とんかつ茶漬け」はひたちなか本店でのみ食べることができるメニュー。人気だそうです。

お子様ランチもあります。あぢまさんは子供連れ可能なお店です。

あぢま ひたちなか本店の店舗情報

あぢま ひたちなか本店の店舗外観

店名 あぢま ひたちなか本店
住所 〒312-0058 茨城県ひたちなか市西光地2-1-25
営業時間 【平日】11:00~14:30/17:00~21:30(L.O.21:00)
【土・日・祝】11:00~21:30(L.O.21:00)
定休日 不定休
TEL 0120-20-7461
駐車場 あり(30台)
公式サイト http://adima.jp/

座席数91席。カウンター席、テーブル席、お座敷があります。お座敷席が74席分あります。

なお、ディナータイム喫煙可(分煙)ですが、ランチタイムは全面禁煙です。

お店の入口にあるEPARKの順番受付・発券機

お店の入口に、EPARKの順番受付・発券機があります。

順番受付の券

受付をして、発券された券を持って順番待ち。僕たちはお店の中にある待合所で待ちました。

受付時に電話番号を入力すると電話で呼び出してくれるので、駐車場の車の中でも待つことが出来ます。

じつは、お店の正面入口の他に、駐車場から待合所に直接入れる入口があって、間違えてそこから入店してしまったんです(^-^;

そのまま待ってたら、いつまでたっても席に着けないところでした(苦笑)気付いた店員さんに案内、順番受付をして頂きました。

待合所にはメニューが置いてあるので、メニューを選びながら待つことができます。

あぢまひたちなか本店の正面入口

正面入口。大きなのれんがかかっています。こちらから入店して順番受付をして下さいね。

スポンサーリンク

あぢま ひたちなか本店の地図

あぢま ひたちなか本店さんは、ひたちなか市西光地2丁目、「東石川十字路」から約60mのところにあります。

ヨークベニマルひたちなか店(ヨークタウンちたちなか)の近くで、国道6号線の「田彦交差点」からは約1.4kmのろところです。

あぢまひたちなか本店の看板

「あぢま ひたちなか本店」さんは「ローズポーク」「佐伯豚(霜降りハーブ豚)」のとんかつを食べることができるお店。

茨城県の食材にこだわっていて、茨城のおいしさを楽しめるとんかつ屋さんです。

地元民がすすめる茨城県内のとんかつ屋さんのリスト】では、茨城県内のおいしいとんかつ屋さんをご紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

コメント