▲取材に来ていいよーって方はココをクリック▲

笠間稲荷周辺をぶらぶら街歩きしてみるのはデートにも子連れ遊びにもおすすめだよ!

※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

笠間稲荷の周りって観光できるの? 街歩き

稲荷神社は初詣だけしかお参りに行かないのはホントもったいないくらい周辺が観光スポットとして充実してます。美術館や神社はもちろん、雑貨屋さん、パン屋さん、フランス料理屋さん。

平日でもそこそこ人出のある地域ですが、週末はとても賑やかで同じ茨城県民でも、近くに住んでる住人でも観光気分がウキウキ盛り上がります!

スポンサーリンク

笠間観光といえばまずは稲荷神社周辺だと思うの!

まずは稲荷神社参拝とその周辺をぶらり楽しもう!

笠間駅からは少し距離のある稲荷神社。歩いて行けないこともないけれど車で訪れる人が多いからか、日動美術館奥にある無料駐車場からの方がぶらぶら街歩きが楽しめます。

笠間駅は有名な観光地なのにほんと小さくて地味だからびっくりしないでねw

車を日動美術館奥の公営笠間稲荷駐車場に停めて徒歩で稲荷神社へ

日動美術館の奥にある公営駐車場は広いのでイベントの時期じゃなければ余裕で停められます。ただ、イベントの時期(初詣や陶炎祭りなど)は笠間自体がすごく混むので渋滞覚悟か電車で向かうのがおすすめです。

稲荷神社付近は駅から徒歩で回れますが、少し距離のあるところへ行きたい場合は駅を通る周遊バスが走ってます。

笠間日動美術館を左手に歩いていきます

笠間日動美術館は現代アートの企画展もいいですが、常設のフランス館やパレット館もいいですね。パレットは世界でも有数だそうです。

こんな田舎に?と思うかもしれませんが、フランス館にはモネ、ドガ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マチス、ピカソ、シャガールとそうそうたるメンバーの絵画や作品が飾ってあります。アンディ・ウォーホールの作品も。

本館からフランス館やパレット館に向かう中庭がいいんですよ。お天気の良い日に行ってみてくださいね^^

日動美術館を過ぎるとなぜか大石内蔵助の像が。いつの間に出来たんだろう。

そうそう。ご年配の方しか分からないかもしれないけれど「上を向いて歩こう」の坂本九さんが戦時中疎開していたというお母さんのご実家も見えました。

インスタ映えな看板がw

大通りが近くなると角にはピンクのお団子屋さんの看板が!これすごい可愛いの!!♡

ピンクと水色の #幸せだんご 看板!

ただね・・・

お団子屋さんは結局見つからず・・・

探したんだけどねぇ。同じ色の大きな看板を付けておいてくれたら分かったかもwざんねーん。

この看板の覗き穴からなにが見えるかは行った人だけのお楽しみです。

スポンサーリンク

かさま歴史交流館 井筒屋(元割烹料理店だった井筒屋さん)

小さい時に何度かお料理をいただきに来たことのある井筒屋さんです。成人式のお祝いや法事なんかで利用したんだと思います。

昔はもっと道路に面して建てられていたので、奥に移動したんですよねー。これ。すごいねー。

今回は中に入りませんでしたが、歴史資料館やコミュニティセンターとして活用されているそうです。二階には笠間城の資料が展示されているようです。

笠間稲荷門前通り

井筒屋さんの交差点を渡るといよいよ笠間稲荷へと続く門前通りです。

駐車場からは5分もかからないです。

昔からなぜか可愛らしいアンティークのお店がこの門前通り付近には多いんですよねー。

可愛らしいカフェ併設の雑貨店もあります。

 

そういえば、さっきの井筒屋さんの前面にも可愛らしいクレープ屋の移動販売車がありました。

初詣期間や菊祭り、陶炎祭(ひまつり)、つつじ祭りなど、人手がおおい時期には露店も並びます。これもまたおしゃれな感じの露店があるので目移りして楽しいです。

もちろん稲荷神社なのでおいなりさんも売ってます。それから陶芸の町なので焼き物のお店も。他にも神社近くの商店街らしく、神棚や招き猫、お狐さんなどお参り気分を高めてくれるお店も多くあります。

あ!もちろんお蕎麦屋さんも!(神社の近くってなんでお蕎麦屋さんが多いんでしょうねー)

稲荷神社の鳥居の反対側に酒蔵があるよ

稲荷神社の目の前には酒蔵(笠間稲荷神社の御神酒を作っている笹目宗兵衛商店さん)があります。お店の奥には蔵があり、少し広くなっている中庭のところでは甘酒だったりソフトクリームが買えたりします。(いつも買えるのかはちょっとわかりません。ごめんなさい)

直売所があって小売りもしているほか、笠間や茨城の名産品も売っているので休みの日はいつも賑わっています。

スポンサーリンク

石でできた鳥居は震災で崩れてしまったので今は赤の鳥居です

私が小さいころは稲田石でできた大鳥居だったので、まだちょっと不思議な感じがする赤い大鳥居。まちづくりの統一感を出すために「笠間朱色」と名付けられて使われているようです。朱色もいいですよね。和な感じが強く出る色で。

鳥居をくぐってからの参道は懐かしい感じがして大好きです

参道と仲見世の様子。懐かしいのは子供の頃よく来たからかなー。

お狐さま。かわいい。

いよいよお参りです!神社はいいよねー。

平日なので人も少な目でした。写真はなるべく人が入らないようにしているので、写真のイメージよりは人は多め。4月のなんでもない平日の昼下がりと考えると結構お参りにやってきてるんだなーって思ったりもしましたね。

 

おみくじは大吉!商売繁盛するかしらー!

恒例のおみくじを引いて、恒例に大吉をいただきました!私大吉オンナなんですよ♪

御朱印は集めてないのでお願いしていませんが、御朱印帳もお狐さまが入ってかわいいですよ。

また来た道を通って駐車場へ

また日動美術館の前を通って駐車場へ帰ります。

スポンサーリンク

稲荷神社周辺ぶらぶら観光について

移動は車の方が楽だけど、イベント時は多くの人が訪れるので渋滞が起きやすいのも事実。

ただ、私はイベントがない普通の天気の良い日に笠間を訪れるのが好きです。近いけど観光気分が味わえる街歩きにぴったりの場所です。

子連れで行く場合

小さいお子さん連れでいくなら、笠間芸術の森の敷地にある「あそびの杜」や陶芸体験などもおすすめです。あそびの杜は大きな遊具がたくさんあるのでお子さんは大興奮!

デートで行く場合

笠間には人気のレストランも多いです。もちろん神社周辺にもおしゃれなお店があります。例えば「西洋割烹 かるにえ」や「フランス料理ポーム・ド・パン」なんかは歩いて行ける場所にあるおしゃれなレストランです。でも当日だともしかしたらいっぱいで食べられないかも?

ただ、カフェや美味しいお蕎麦屋さんもあるので行ってみたいお店が特別あるわけじゃない時はぶらぶらしながら決めるのもアリですね。車だと少し離れたお店にも行けるので。

人気ラーメン店のRIRIさんなんかも少し離れているけどおすすめですよ。

 

この記事を書いた人
yan

茨城県在住のフリーランス。いばらきカラフルの立ち上げメンバー。
クルーズ旅行初心者のための情報サイト「船旅スキニナル」を個人で運営。
取材・ライターのお仕事もお受けしてます。猫好き。

yanをフォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

街歩き
yanをフォローする
スポンサーリンク
いばらきカラフル

コメント