▲取材に来ていいよーって方はココをクリック▲

超おすすめ!内原イオン近くの穴場的遊び場!はに丸タワーがある「くれふしの里古墳公園」

※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

水戸市(内原イオン近く)にあるおすすめな子供のあそび場デス 施設とスポット

以前から噂に聞いていた巨大な「はにわ」があるというくれふしの里古墳公園に「お~い!はに丸くん」世代の私は興味津々!先日のお天気がいい日に2歳になる息子と行ってきました。

スポンサーリンク

くれふしの里古墳公園|場所|開園時間|駐車場

くれふしの里古墳公園は、常磐道自動車道・水戸ICより約10分です。国道50号線を笠間方面へ「水戸西の杜霊園」で右折し、県道52号方面を進むと「くれふしの里古墳公園」の看板が見えてきます。「馬型はにわ」が入口の目印です。

休園日は無く、常に無料解放されています。ただ「はに丸タワー」に登れるのは時間が決まっていて、4月1日から9月30日は9時から17時まで。10月1日から3月31日は9時から16時までとなっています。記載の時間以外と1月1日から1月3日は、はに丸タワーに鍵が掛かっていて入れないので気をつけてくださいね。

せっかくタワー目当てに行ったのに登れなかったら悲しすぎますからね(笑)

24台とめられる駐車場からは土器が並べられた古墳が見えます。

園内には、「はに丸タワー」や「前方後円墳6基」・「帆立貝形前方後円墳1基」・「円墳9基の古墳群」があります。

公園看板の下の「ひんべい(馬型はにわ)」がかわいい!

公園の案内看板の下に「馬型はにわ(※以降ひんべいと記載します)」があったのが気になったので、公園に行く前にお散歩がてら車で来た道を戻ってみました。

「お~い!はに丸くん」世代のかたはご存知の「はに丸くん」の相方の「ひんべい」です。

道路側に息子が出ないように道端の野草で遊んだりしながらテクテク歩きました。いい天気だったので気分も爽快でした。駐車場から3~4分で「ひんべい」のところに到着。すごくかわいい!息子も「ひんべ!ひんべ!」と言いながら大喜びでした!

スポンサーリンク

駐車場から見える古墳に登ってみました!

園内に入ってすぐにある古墳には、沢山の土器が並べられていました。

古墳の側面には階段があり、古墳に登れるようになっています。階段が大好きな息子はどんどん登ります!

飾られた土器は意外と大きく、たくさんありました。古墳の上はちょっとした丘のようです。

初めて触る大きな土器に興味津々の息子は、土器を「そぉ~っ」と優しく包むそうに触っていました^^

数を数えるのがブームな息子は、たくさんある土器を大きな声で数えてました。「どこまで数えるんだろう」と観察してましたが、端から端まで全部数えて満足そうにしていましたよ(笑)

いよいよ「はに丸タワー」へGO!

古墳を降りて森林抜けると「はに丸タワー」があります。この森がまた気持ちいいんです!息子も張り切って走り廻っていました。

マイナスイオンを浴びながら森林を抜けると「はに丸タワー」が見えてきます。

この日はちょうど桜が最期の見頃で、桜吹雪とともに「大きいはに丸タワー」が登場です!!

はに丸タワーの下部にいる息子と大きさを比べてみると一目瞭然です。大人の私でも大きさに感動します!

「はに丸タワー」の中に面白い仕掛け

「はに丸タワー」の後ろに回ると階段があります。登っていくと、いくつかの仕掛けがありました。ラッパ型のものがタワー内と屋上に(降りてみると下の外にもありました)。息子は穴に向かって自己紹介をしていました(笑)

一番上から声をかけると下に向かって聞こえる仕掛けのようです。

真実の口(はに丸バージョン)は故障中のようでしたが(笑)いろいろな仕掛けのおかげで、一番上まで息子も飽きず楽しく登ることができました。

頂上からの景色がとても綺麗でしたよ!!花吹雪が舞っていて「来年はここに花見に来よう」とひそかに思うほどでしたね^^

「はに丸タワー」の周りは芝生広場

たくさん階段を登り降りした後は「はに丸タワー」の下で桜を眺めながら休憩しました。「はに丸タワー」の周りは芝生広場になっています。

息子とおやつを食べたら、ゆっくりとシャボン玉遊びをしましたよ!広々としているのでボール遊びもできそうです。

スポンサーリンク

遊具で遊べる場所もある

入口から入って右側の森林を抜けると遊具広場があります。はに丸タワーからも森林を抜けてすぐに行けます。

滑り台が3歳ぐらいの子から滑れそうなものが2つ、大きい子向けのものが1つあります。そのほか、ブランコ、ターザンロープなどがあります。

ひとりでターザンロープに乗れない息子は、ターザンロープを持って走り楽しんでいました(笑)

珍しい焼き物のドーム型遊具もあります。中に入って探検です!

覗き穴から何が見えるのかしら? 穴から大きな声を叫んで楽しそうな息子です^^

お弁当タイムにおすすめの場所発見!

遊具広場内に屋根付きの8人がけの椅子とテーブルが2つあるので、お弁当も食べれます。公園内が見渡せるところにあるので、子どもを遊ばせながら、休憩ができました。

屋根付きの椅子とテーブルは「はに丸タワー」の方にもあります。「はに丸タワー」の広々とした芝生広場に敷物を敷いたり、「はに丸タワー」下にある段に座って休むのも良さそうです!

テーブルの近くに「にわとり」の形をした「手洗い場」があります。遊んだあとの手洗い必須ですよね。この「手洗い場」も「はに丸タワー」の屋根付きの椅子とテーブルの近くに同じものがあります。

息子は「にわとりさんの手洗い場」に大喜びで、楽しそうに手を洗ってました^^

トイレとおむつ替えスペース

トイレは、遊具広場内にあります。駐車場からだと、入口を入って右側の森林を抜けて、5分ぐらいのところです。

2つ個室があり、両方とも和式です。おむつ替えベットなどはありません。公園内のトイレはここ1ヶ所なので、小さなお子さまと一緒のときは最初にトイレを済ませておいたり、おむつも事前に取り替えておいたほうが良さそうです。

※息子は周りに誰もいなかったので、遊具広場内のイスとテーブルがあるスペースでおむつを替えました。

くれふしの里古墳公園 まとめ・感想

遊具で遊ぶだけではなく、「古墳」を見たり「はに丸タワー」に登ったり、森林内を探検したり色々な遊びができて楽しかったです^^

大人が見学したら30~40分ぐらいで回れるぐらいの広さだと思いますが、2歳の息子と3時間ぐらいかけてたっぷり遊ぶことができました。

古墳の階段などに気をつければ、芝生広場や森林・遊具公園等、歩き初めの1~2歳ぐらいのお子さまから十分楽しめると思います。

小学生くらいになったら、森林内で植物観察をしたり、古墳や土器などに触れたり遊びの中で歴史の勉強にもなっちゃいそうですね!

公園が楽しすぎて帰るのを「イヤイヤ」していた息子でした(笑)今度は、お弁当を持って朝から行こうと思います!

くれふしの里古墳公園情報

公園名:くれふしの里古墳公園

住所:水戸市牛伏町201-2外

【車】常磐自動車道・水戸ICから約10分

【電車・バスご利用の方】JR常磐線内原駅からタクシーで約10分 または内原駅から徒歩7分,「イオンモール水戸内原」バス停から水戸駅行きバスで7分,「中原」下車徒歩20分

休園日:無 常時開放

開園時間: (はに丸タワー)4月1日~9月30日 9:00~17:00 10月1日~3月31日は9:00~16:00。

記載の時間以外、1月1日~1月3日は、はに丸タワーに鍵が掛かかって入れません。

問い合わせ:内原中央公民館 TEL:029-259-4044

Google マップ

 

コメント