▲取材に来ていいよーって方はココをクリック▲

茨城で紅葉を楽しめる穴場スポット【偕楽園もみじ谷と歴史館】

※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

茨城の穴場紅葉スポット偕楽園 茨城の紅葉情報
水戸周辺の紅葉スポットは混雑もほとんどなく周辺観光と気軽に楽しめます
スポンサーリンク

茨城県の紅葉穴場スポット【偕楽園と千波湖周辺】

 

茨城県では定番の人気紅葉スポットがたくさんありますが渋滞や混雑が苦手だと大変ですよね。

 

茨城の紅葉スポットはほとんど自家用車で訪れる場所のため休日は道路も駐車場も大混雑です。

 

ただ、意外な場所で水戸市にある偕楽園のもみじ谷や偕楽園から徒歩で訪れることのできる歴史館はあふれかえるほどの人が訪れないのでとてもおすすめな穴場スポットです。

 

偕楽園 もみじ谷

 

もみじ谷は護国神社の近くに位置します。

 

偕楽園は水戸駅からバスで10~15分の場所にあります。

歩いていくこともできますが、もみじ谷は偕楽園公園の奥の方にあるので徒歩だと少し距離があります。水戸駅北口より偕楽園行きのバス、または水戸駅南口よりタクシーで向かうのがおすすめです。

偕楽園もみじ谷には、約170 本のモミジが赤や黄色に色づきます。

 

また夜はライトアップもされます。

 

 

好文亭からの眺め

もみじ谷は趣のある紅葉を楽しむことができますが、もみじ谷だけだとせっかく来たのに紅葉のダイナミックさは感じられないかもしれません。

 

もみじ谷から好文亭へ向かい、そこからの景色も味わいましょう。

 

 

 

 

 

好文亭から歴史館へ

 

 

 

好文亭から茨城県立歴史館までは歩いて行けます。

常盤神社参拝、偕楽園散策などを楽しんだ後、御成門を通って歴史館のイチョウの紅葉を目指しましょう。

 

ただし銀杏と紅葉の紅葉がきれいに一緒に見られる時期は短いので注意が必要です。(年によりますが、イチョウは11月上旬が見頃です)

 

 

 

歴史館前からは水戸駅行きのバス停があります。

 

千波湖・茨城県近代美術館の紅葉

 

偕楽園公園には千波湖や茨城県近代美術館もあります。

 

ここを散策するのもきれいです。

 

 

 

 

偕楽園までのアクセス

 

車で訪れる場合

 

車でもみじ谷や好文亭を訪れる場合、偕楽園周辺にはいくつかの駐車場があります。

 

好文亭ともみじ谷の中間地点にある護国神社近くの無料駐車場が停めやすいかと思います。

 

また、近代美術館方面には文化センター前に有料駐車場、千波湖の真ん中あたりに無料中佐上とこちらもいくつかの駐車場が点在しています。目的の場所の近くに合わせて停められます。

 

公共機関利用の場合

 

水戸まではJR常磐線を利用します。 東京方面だと品川・東京・上野などから特急が出ています。特急で約1時間10分、4000円程度になります。特急は全席指定になるので注意してください。

 

各駅列車の場合、上野から約2時間半、2300円程度になります。

 

また、東京駅より高速バスも出ています。東京駅より片道2000円、ツインチケット(2枚つづり)は4000円になります。

 

渋滞状況にもよりますが、下りは約2時間、上りは約3時間かかりますが、上りは八潮SAよりつくばエキスプレスへの乗り換えができます。首都高が混んでいるような場合は八潮SAでTXに乗り継ぐのがおすすめです。

 

 

 

この記事を書いた人
yan

茨城県在住のフリーランス。いばらきカラフルの立ち上げメンバー。
クルーズ旅行初心者のための情報サイト「船旅スキニナル」を個人で運営。
取材・ライターのお仕事もお受けしてます。猫好き。

yanをフォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

茨城の紅葉情報
yanをフォローする
スポンサーリンク
いばらきカラフル

コメント