▲取材に来ていいよーって方はココをクリック▲

晴れの日はもちろん雨の日もOK!屋内おすすめの遊び場「大洗わくわく科学館」へGO!

※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

大洗町の科学館のブログ記事 施設とスポット

これから梅雨の季節ですね。2歳のやんちゃ盛りの息子を遊ばせるのに近くの児童館ばかりでは飽きるかも!私もですが(笑)ということで、雨の日でも楽しめそうな施設「大洗わくわく科学館」行ってみました!

スポンサーリンク

大洗わくわく科学館 場所/開館時間/駐車場

大洗わくわく科学館は大洗マリンタワーのすぐ近く!


大洗わくわく科学館は、北関東自動車道水戸大洗ICより約10分です。サンビーチ通り(県道2号)、大洗海水浴場とマリンタワーの間にあります。駐車場・入り口が裏手なので回って入ってください。

大洗わくわく科学館の開館時間と入館料

毎週月・火曜日と年末年始は閉館しています。月曜日が祝日の時は開館し翌日が休館日になります。そのほか、展示物の点検日などで休館日があるので事前にHPで確認しておくといいと思います。

「わくわく科学館いこうかー!?」なんて誘っておいて、行ってみたらわくわく館がお休み・・・なんての時の子供を想像したらw

大泣きするチビッコをなだめるために「じゃあ水族館でも行く?」なんてご機嫌をとって、水族館入館料・お昼代・なんなら最後にぬいぐるみなんて買わされてしまって予想外の出費なんてことにもなりかねません。そんなことになったらつらすぎる(笑)

入館時間に気を付けて!

開館時間は10時から16時30分までですが、入館できるのは16時までです。

入館料は、大人200円・小中学生100円です。もちろん幼児は無料。大人と子供で200円で楽しめる(夏や雨の時期はホント助かる!)施設はありがたいですよねー。

科学館にも年パスあり

年間パスポートがあって、3回分の金額がパスポート金額です。そのため、チケットを3枚集めるとパスポートと交換してくれます。

年パスはほんとありがたくて、アクアワールドの年パスも結構利用してました。雨や寒い/暑いなどの外遊びができない時期にお財布を気にせず子供を連れて遊びに行ける心強い味方ですよね。

小学生未満、65歳以上の方・障がい者手帳、療育手帳等お持ちの方と付添の方は無料です。
※20名以上は団体料金などもあります。詳しくはHPにてご確認してみてください。

大洗わくわく科学館の駐車場は無料!

芝生広場の隣にある駐車場は30台・バスは2台とめられます。周辺には町営の駐車場もあるので駐車スペースには困らないと思います。ただ海水浴シーズンは気を付けた方がいいですね。帰り道も夕方には渋滞するので要注意です。

広い芝生と大きな遊具!!晴れの日は水遊びもできそう♪

駐車場に車を止めるとすぐに大きな芝生の広場が広がっていて、大きな遊具が見えます。車から降りると、息子もすぐに遊具を見つけて遊びたそうだったので、「科学館は公園で遊んでから行こう!」となりました(笑)

ローラー滑り台の大きな遊具に息子興奮!!

遊具は、トランポリンネットとローラー滑り台の大きな遊具とターザンロープがあります。

ローラー滑り台の後ろ側に低め高さの階段があり、2歳の息子でもでも簡単に登れました。車のハンドルや鉄琴などの仕掛けもあるので、小さなお子様はそこだけでも楽しめそうです。

平日は少し大きなお兄さんお姉さんの小学生などが少ないので、小さい子供も安心して遊べるかと思います。まだまだ目が離せない時期ですが、ハラハラしながら見守るのではなく、のんびり見守っていられるだけでも母は楽ちんですよね。

滑り台は、緩やかな傾斜の滑り台で、スタート地点からある程度高いところは柵がついていました。小さい子でも安心して遊べますね♪

遊具の少し奥に行くと、大人の健康遊具もいくつかあります。パパさんと来てたら交代で健康遊具を使うのもいいかもしれません^^

息子は数字が好きなのでこの健康遊具が一番のお気に入りでした(笑)

晴れた暑い日には是非利用したい!噴水広場

広場の一番奥には、噴水広場があります。3つの噴水は、霧状・小さな水柱が出るものなど、水力が弱めなので小さなお子様の水遊びにも良さそうです!!

噴水の運転期間と時間はHP(https://www.jaea.go.jp/09/wakuwaku/)に詳しい記載があります。

「今日は触るだけね!また来るときはお着替え持って来ようね。」と言われたので、霧の寸水を触っている息子です(笑)

メインのわくわく科学館に行ってみよう!!

お外遊びも沢山して満足した息子と芝生広場を横切って、いよいよわくわく科学館へ向かいました。

インスタ映え!泡で回るカラフルな水車が1階でお出迎え!!

館内は1階は海底・2階は海上とテーマが分かれて展示されています。息子も私もワクワクしながら入館しました!!

入口を入ってまっすぐ進んで行くと、大きな水槽にブクブクと泡で回るカラフルな水車があります!

絵本の世界のような、幻想的な水車に思わず見入ってしまいました!絶対インスタ映えすると思います^^

『あわあわ!ぐるぐる!』と言って息子が大興奮!しばらくこれだけ見ていました(笑)

1階の展示は、水の中ではどうなるのか?という『目で見て観察するもの』です。2歳の息子はボタンを押したいブームで、色々な展示物のボタンを押しまくりです(笑)

ぐるりと全体を見渡せるぐらいの広さなので色々な展示物を見たくて動き回る息子を見失うこともなく、ゆっくりと見学できました!

音が出るから注意してね!

息子は1階の展示物でこれが一番のお気に入りでした^^ 小・中・大サイズの泡がボタンを押すと発射されて、上に浮かんでいくスピードを見るものです。

大きなUFOキャッチャー!?2階で遊べるクレーンでボールキャッチ♪

2階は『触れてみる体験型』の展示が沢山あります。中でも印象が強かったのは、大きなUFOキャッチャーのようなボールクレーンゲームです。こんなのが無料(幼児)で遊べるんだからねー。ほんとありがたいw

1階で「なんだろう?」と気になっていた透明のケースに入ったたくさんのカラーボールは、1・2階にまたがって置かれた大きなゲームでした!!

右側にある画面を見ながらレバーを使ってボールをキャッチします。なかなか難しくてボールキャッチできなかったので、ぜひリベンジしたいな^^

そのほか、水に浮かぶ丸い石や竜巻が発生する装置など実際に触れるものがたくさんあります。「触ってもいいよ!」の声に大喜びで息子もたくさん触って楽しんでしました^^

小さな子どもでも踏み台があるので自分で触ることができます^^

水蒸気で出来た竜巻に興味深々です。この蒸気の竜巻も触れます。母は勉強になるわ~!

わくわくハウスとライブラリ

小さな子どもでも十分楽しめる展示ですが、展示に飽きてしまったお子さんよちよち歩きのお子さんにお勧めの「わくわくハウス」や「ライブラリ」という場所もありました。

特に2階にある「ライブラリ」では靴を脱いで遊べるスペースがあるのでヨチヨチ歩きの子にありがたいコーナーです。

おもちゃで遊べるよ!「わくわくハウス」

「わくわくハウスは」1階の階段の下にブロックやパズル・車やビー玉を転がして遊ぶスロープなどの色々なおもちゃが置かれているスペースになります。知育玩具が好きな私も興味津々です(笑)遊びながら学べるっていいですよね^^

このスロープは、ビー玉を転がすと最後のスロープに鉄琴の階段がついているので綺麗な音が鳴ります♪すごく気に入ったようで、息子は何度も繰り返し遊んでいました。

大人でも作るのが面白かったブロックです。息子のリクエストで「犬」と「A」を作りました^^ 黙々と夢中になって楽しんでしまいました(笑)

2階 ボールプールと本がある「ライブラリ」

下駄箱があり、靴を脱いで入るお部屋です。ボールプールがあり、絵本や子供の科学の本が読めます。「わくわくハウス」のように口に入ってしまいやすい小さなパーツがほとんどありません。

2歳児が入ってこのぐらいの大きさのボールプールです。長いすで囲まれているので安心して見ていられます^^

0~3歳向けの絵本や小学生向けの科学の本・大人向けのサイエンス雑誌などが置いてあります。普段見ないような内容の本も読めちゃうのがうれしい。

子連れで図書館のハードルはまだ高いけど、ここなら遊ばせながら読み聞かせもできますよ^^

お土産にピッタリ!手作りおもちゃを作れちゃう!!

イベント開催がない土日の13時30分から15時までは、1階の「造る部屋」でかんたん工作が開催されています。

予約は必要ないので気軽に参加できます。今回造ったのはビー玉のコマでした。

係のおじさんに回してもらったコマの見本をみている息子です^^

作り方は、テーブルに置いてある説明書をみて作ります。テープを切ってパーツを貼っていくだけのかんたんな工作でした。これなら小さなお子さまでも出来そうです。

お弁当タイムにおすすめな場所

館内は1階ラウンジ・2階デッキ(伺った時は、工事中でした)・屋上デッキと飲食可のスペースがきまっています。

売店は無いので、お弁当などなにか持ってきたほうがいいかもしれませんね。

歩いてすぐの場所には大洗 SEASIDE STATION(旧大洗アウトレット)やレストランのトラットリア・J・マリーナなどもあるのでお腹が空いたら散歩がてら食べに行くのもおすすめです。チケットを見せると再入場できるのでチケットは失くさないでくださいね^^

大洗SEASIDESTATION公式サイト:https://oarai-seaside.com/

トラットリアJマリーナ感想記事:景色もいいしオシャレだし!!トラットリア Jマリーナはあんまり知られてないけど行かないともったいないYO【大洗町】

1階のラウンジには、飲み物とアイスクリームの自動販売機があります。小さなお子さまでも飲みやすいパックジュースの販売機もあります。

外の芝生広場で敷物を敷いて、ピクニックしている親子もいましたよ~!

わたしの晴れの日お勧め休憩スペースは海が見えて潮風を感じられる「屋上デッキ」です!!ベンチやテーブル・イスもあります。気持ちいいねー。

テーブルは2つでそれぞれ椅子が3つありました。なんでこんなに気持ちいいのにみんな使わないの??w

息子とさわやかな潮風に当たりながらのサンドイッチは格別に美味しかったです♪

雨の日やすごく暑い日のお勧めは1階のラウンジです。テーブルと椅子の数も多く、ジュースやアイスクリームの販売機があります。

『あ!息子がアイスみつけちゃった』アイスにロックオンです(笑)

大好きなアイスクリーム1個ぺろりと食べました^^

トイレとおむつ替えスペースをチェック!

館内の1階・2階にトイレがあります。

それぞれ和式2つ・洋式1つがあります。洋式のトイレは少し広めの個室で、ベビーキープ(折りたたみの子供用の座る椅子)と大きめのカバン掛けがあります。

おむつ替えができるトイレは2階にありました。おむつ用のゴミ箱もありましたよ!←うれしい。すごく嬉しい(笑)

壁のタイルが大好きなミッキーだったので息子が大喜びでした^^

「ミッキーのトイレ行くよ!」の声かけで、その後のトイレタイムがスムーズでした。

洋式トイレ内にあった大きめのカバン掛けは、自分の荷物も子どもの荷物もたくさんある子連れのママさんたちが重宝すると思います。わたしも助かりました^^

場所の情報まとめ・感想

1階大洗の名産品やお勧めスポットのMAPもあったので、大洗が初めてでもここで【行きたい場所】をチェックできそう。茨城県外出身のわたしもこのマップを参考にして色々行ってみたいなと思いました。

私たちがわくわく館に伺ったのは土曜日のお昼少し前くらいでしたが、外の広場・館内ともに人が少なめで、小さなお子さんを連れた親子連れが多かったです。

13時を過ぎた頃には、小学生の子供たちがお友達と連れ添って来て増えてわいわいと賑やかになり『幅広い年齢に愛される施設なんだろうな』と思いました。晴れの日は外の遊具も遊べて、雨の日は室内だけでもとても楽しめそうです^^

今回は外の遊具で遊んで、館内を見学してお昼も食べて3時間くらいゆっくりさせてもらいました。ほんとはもっと長く遊びたかったな~。息子も気に入ったようで帰ってきてからも「おおあらい、いくよ!」とよく言ってます^^ 今度は、開館の時間に合わせて遊びに行こうと思います♪

わくわく科学館施設情報

  • 施設名:国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 大洗わくわく科学館
  • 住所:〒311-1305 茨城県東茨城郡大洗町港中央12番地
  • HP:大洗わくわく科学館

アクセス

  • 【車】北関東自動車道水戸大洗ICから約10分
  • 【電車・バスご利用の方】大洗鹿島線大洗駅から徒歩約20分または、タクシーで5分

施設詳細

  • 休日:毎週月・火曜日 ※祝日の場合は翌日 年末年始
  • 問い合わせ:029-267-8989(電話受付時間 10:00~16:30)
  • 開園時間:10時~16時30分 ※入館は16時まで
○噴水広場○※2019年度の情報です
10:00~16:00
4月27日~7月19日(土・日・祝のみ)
7月20日~8月31日(毎日)
9月1日~9月29日(土・日・祝のみ)

この記事を書いた人
祥子

本業はスキンケア&栄養改善アドバイザー。健康美を目指して日々精進してます。クレンジング洗顔専門サイト「美肌工房TUYALIB」を運営。美容ライターとしても活動しています。

いばらきカラフルでは記事を書くほか、習い事記事などの体験者としても登場しています。茨城を楽しみましょうね!

祥子をフォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

施設とスポット遊具のある公園
祥子をフォローする
スポンサーリンク
いばらきカラフル

コメント