▲みんなでワイワイな勉強会やサークル活動してます▲

音楽を習いたい!水戸市・鹿嶋市の三味線教室の体験【杵屋ちよ先生編】

※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

茨城県鹿嶋市と水戸市の三味線教室の体験レッスン 習い事

体験レッスンのお話をいただいた時「三味線なんて習えるの!?」って思って伺った杵屋ちよ長唄三味線教室。「三味線だってただの楽器ですからー」と先生に言われてそりゃそうか?と納得するも、三味線ってすごい特別感ありまくり。弾けたらすごいかっこいいですよね!

スポンサーリンク

杵屋ちよ長唄三味線教室で体験レッスン

杵屋(きねや)ちよ先生は水戸市と鹿嶋市に稽古場があります。今回は私の地元が鹿行ということで鹿嶋市の稽古場にお邪魔してきました。

杵屋ちよ三味線教室(鹿島稽古場)

初めての三味線体験にドキドキワクワクです

今回体験した感想を最初に伝えておくと・・・

あのね。みんな子供が小さい時に楽器を習わせたいって思うじゃないですか??ピアノとかバイオリンとか。

あの選択肢の中に絶対三味線とかお琴とかの日本の伝統楽器も入れるべきだと思う!

もちろんピアニストにしたいとかバイオリニストにしたいとかって言うなら話は別だけど、特に三味線はピアノみたいに場所も取らないし、先生に聞いたら楽器そのもののお値段だって思ったより全然手ごろ!ピアノやバイオリンより手頃!しかも特別感すごい(笑)

三味線に触るとこからド緊張のお稽古体験

今回は正座だとお腹がパツンパツンになってしまうズボンを履いていってしまったので(不覚w)、椅子を使ってのお稽古です。膝が痛いとか正座ではすぐ痺れが気になって練習に集中できない方もこれなら安心。

この手ぬぐいの締め付け感が女性の着物の裾の感じと一緒なんだって。へぇーーー。

先生に道具を付けてもらいます。

この道具のおかげで三味線の弦にそってスイスイ動かせるそう。

何をやっても不器用な私を見てちよ先生が笑いを堪えながら慰め励ましてくれてるの図です(笑)

いよいよ三味線を抱えてレッスンスタートです!まずはバチの持ち方から。

先生がバチの持ち方と手首の動かし方を近くで見せてくれます。これがなかなか難しい。

やっぱり小さい子とかだと柔軟な動きが出来るらしく、私くらいになると見よう見まねなはずがどうしても頭で考えて動かしてしまう・・・。

先生に指の一本一本直してもらってる写真です。すごく親切に見てくださってます。体験レッスンなのにすいません(-_-;)

バチを当てる角度を教えてもらっていよいよ音出しです。

今日はこちらの譜面から。と言っても、今日の私にとっては譜面はイメージ。先生が「こんな感じが三味線の譜面ですよー」って見せてくれたもの。

譜面にはナンバリングがされていてわかりやすいですね。

三味線の方にも先生が番号を振っておいてくれてます。これに合わせて指を動かせばいいのでありがたい。

実は中学生の時ちょっとだけギターをやっていたんですが、指の押さえ方が全然ちがうことに驚きました!ギターは指の腹、三味線は爪で押さえるんです。どうしても直角に当てるのが難しくて、ここでも先生が直に握り方を教えてくれてます(笑)

これが譜面のアップ写真。大人になってから楽器を習おうとしても譜面が読めないから・・・って気おくれしてしまうけど、これだと安心ですね。曲の音源も先生が用意してくれるので、家で聞いて曲を歌えるようになってから譜面をみたらバッチリ!

こんなに全部番号を振ってくれてるなんて安心(笑)

いよいよ音を出してのお稽古スタートです。

三味線の皮を破ってしまわないかなーってすごく心配したら、この私の使わせていただいた三味線は少し厚手の皮で出来ている三味線で練習で破くことはほとんどないそうです。ちょっと安心。

\音が出るから注意してね!/

すごいねーーー!まさか人生で三味線を叩くことがあるとは!!←大げさw

でも音が出るとすごく感動しますね。それと同時に、あー楽器なんだなーとも思ったり。

長唄もやってきたよ!

実は三味線には種類があって、ちよ先生のところで習えるのは長唄というジャンルの三味線だそうです。他にどんなものがあるのか気になって聞いてみたらもっと大きな津軽三味線とかがあるそう。へええ!違うんだ!

長唄とは

長唄は今から三百年以上前の十八世紀初めごろに歌舞伎の音楽として成立し、主に江戸で発展してきた三味線音楽です。十九世紀に入ると、歌舞伎から独立して純粋に音楽としても作曲・演奏されるようになりました。
歌舞伎の三味線音楽は現在、長唄の他に竹本(義太夫節)、常磐津節、清元節などがありますが、囃子(能管/篠笛・小鼓・大鼓・太鼓)と一緒に舞台で演奏するのは長唄の大きな特徴です。小鼓・大鼓・太鼓は打楽器ですから、それだけリズミカルで踊りに向いているとも言えるでしょう。

長唄三味線 杵勝会HPより

「長唄っていうのは歌の種類だと思ってましたー」って言ったら先生から急きょ「そういう種類なんだけれども長唄の中の唄も教えているのでやってみますか?」とのお誘い。

!!!!

私、歌だけはホントに超音痴なんで苦手なんです・・・って言ったら、長唄の場合は音痴とかあまり関係ないからぜひ。大きな声でお腹から声を出すのは気持ちいいですよとのことでちょっとだけ触れさせていただくことに・・・。

こちらが長唄の譜面。すごい(すごい

先生と読み合わせをしてぶっつけ本番!!!!(笑)

\音が出るから注意してね!/

あははははは!全然声出てないのは仕方ない!ゆるして!初めて長唄ってものを聞いたんだから!(笑)

でもね、たぶん先生みたいに声がでるようになったらスッキリすると思う。先生も唄の方が楽しい気がするって言ってたし(先生は三味線が専門なので長唄の専門の人は三味線の方が楽しい(気が楽)って言うかもねって笑ってたけどw)。

でも長唄を唄っていると三味線を、三味線を習っていると長唄もできるようになりたくなるみたいです。確かに弾けると歌いたくなるし、歌えるようになると三味線を弾きたくなるよねー。

体験お稽古を終えた感想

三味線ってすごくすごく特別なものだと思っていたけれど、体験してみると他の楽器を習うのと同じように音楽に親しむものなんだなーって思いました。

「三味線は発表会とかあるんですか?」って聞いた時に「私のお弟子さんだけでやるお披露目会の他に、私の所属している杵勝会メンバーのお弟子さんが集う『ゆかたまつり』というイベントを都内のホールでやってます」ということを教えてもらった時には、大人になってからスタートするにはとてもいいなーって思いました。

ピアノの発表会とかほとんどが子供がメイン、大人だとなかなか参加しにくいですよね。でも習って上達したら見せ場が欲しいのが人情。それが都内ホールで浴衣を着てお披露目できるなんて俄然やる気が出ちゃいますよね。

大人の習い事の候補として最適だなーって思いました。

スポンサーリンク

杵屋ちよ長唄三味線教室について

  • 主宰 杵屋ちよ

レッスン会場(稽古場)

ちよ先生の長唄三味線教室の稽古場は水戸と鹿嶋にあります。

  • 水戸稽古場:水戸市泉町3-5-13
  • 鹿嶋稽古場:鹿嶋市宮下2-6-19
出稽古もご相談ください。また先生の出演する演奏会の都合によってお稽古日の変動があります。

レッスン内容と月謝について

三味線・長唄ともに初心者(子供含む)から熟練者まで教えています。

  • 1レッスン60分
  • お月謝10,000円~15,000円(レベルや内容で変わります)
  • 体験レッスン30分1000円

早めの申し出がある場合は振替レッスンも可能です。

気になる三味線の購入費用について

三味線は品質の差が激しいため先生が新品・中古いずれの場合も安心して長く使えるものかどうかチェックをしてくれるそうなので、購入の際には相談してから買うのがおすすめです。

三味線本体のお値段は中古で約7万円くらい~、新品で10万円くらい~の予算を考えておくのが良いそうです。

(ピアノとかバイオリンよりお手頃なのでびっくりしました)

お問合せ/連絡先

(「いばらきカラフルを見て」と言っていただくと分かりやすいかと思います♪)

ちよ先生からひとこと

敷居が高いとか伝統などというイメージで敬遠されがちな三味線ですが、いわゆる楽器の種類と思っていただけたら嬉しく思います。色々難しいことを考えずに音楽としてその音色や弾けたときの達成感を楽しん欲しいです。
その結果、三味線や長唄だけでなく日本の伝統芸能がこれから先もずっと受け継がれて続いてくれたらいいですね^^

Profile

杵屋ちよ(きねやちよ)

  • 杵勝会所属
  • 長唄三味線方
三歳で初舞台。東京藝術大学邦楽科卒。舞台での演奏会をはじめ、北野武監督 映画「座頭市」では三味線・長唄を担当。自身の稽古場での個人レッスンの他、鹿嶋市にある私立清真学園にて中高生にも指導中。

本日お世話になったちよ先生と。今日はありがとうございました!

この記事を書いた人
yan

公立中高一貫校に通う子を持つ茨城県在住のママ。いばらきカラフルの立ち上げメンバー。節約苦手&投資歴20年以上の教育資金アドバイザー。元塾講師の経歴から教育費の貯め方や中学受験高校受験の相談を受けるカウンセラー的役割多め。猫好き。

yanをフォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

習い事
yanをフォローする
スポンサーリンク
いばらきカラフル

コメント