▲取材に来ていいよーって方はココをクリック▲

【初詣】常磐神社(水戸市)|年明け早々から賑わう水戸市最大の神社

※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

初詣は水戸市の常磐神社へ 初詣

偕楽園の隣に位置する常磐神社は毎年30万人以上の参拝客が初詣に訪れると言われています。

まだ真っ暗なうちから参拝のための行列ができる神社です。水戸黄門として有名な徳川光圀公と9代藩主斉昭公をまつる水戸市最大の神社です。

 

スポンサーリンク

常磐神社の住所と駐車場について

住所 茨城県水戸市常磐町1-3-1
電話番号 029-221-0748
駐車場 常磐神社参拝客用あり
偕楽園公園駐車場
大工町周辺のコインパーキングなど
公式サイト http://www.komonsan.jp

詳しい地図などアクセスについて

 

常磐神社境内となりに参拝客用の駐車場がありますが、1月1日(元旦)などは鳥居をくぐる階段下まで行列が伸びることがあります。

 

初詣期間の混雑具合

12月31日の大晦日の深夜から参拝客があつまり始めます。

三が日は福梅茶が振る舞われたり露天などの出店も多く出るのでとても活気があります。

 

1/1の元旦から1/3までの三が日はかなりの参拝客が訪れる常磐神社ですが、神社へは色々なルートから歩いて行けるので大通りすべてが渋滞することはあまりありません。

 

常磐神社境内となりにある駐車場に向かう、常磐町側からの神崎寺前付近・緑町側からの歴史館付近から常磐神社となりの駐車場までの路地は大混雑します。

 

少し離れた大工町交差点付近の駐車場から歩いてくる人もいます。

 

 

常磐神社の初詣の様子

 

 

 

 

 

常磐神社のご利益

学業向上、除災招福、交通安全と言われています。

 

常磐稲荷

また、常磐神社に向かって右奥(社殿と能楽殿の間)に常磐稲荷があります。

赤い鳥居がいくつも連なる雰囲気のある小さな小さな稲荷神社ですが、五穀豊穣・殖産興業・開運招福・火防のご利益があると言われています。

 

常磐稲荷の雰囲気

 

スポンサーリンク

常磐神社までのアクセス

電車利用 JR水戸駅北口から偕楽園行きバス 約15分~20分
車利用 常磐自動車道 水戸ICより15分~20分

※バス利用の場合、水戸駅北口からの大工町行きなどを利用して歩いていくこともできます。

 

この記事を書いた人
yan

茨城県在住のフリーランス。いばらきカラフルの立ち上げメンバー。
クルーズ旅行初心者のための情報サイト「船旅スキニナル」を個人で運営。
取材・ライターのお仕事もお受けしてます。猫好き。

yanをフォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
※イベントは開催日・時間・料金など変更になる場合がありますのでお出かけの際はイベントの公式サイトなどで改めて詳細をご確認ください。

初詣
yanをフォローする
スポンサーリンク
いばらきカラフル

コメント